症状の発生

グリーンピース

肝臓は沈黙の臓器と言われているように肝機能障害があっても症状が出ないケースは良くあるようです。症状が出始めたら病気の進行が進んでしまっているということも少なくないようです。ですので肝機能障害については常に注意しておくといいでしょう。 肝機能障害は一般的には血液検査でわかることが多いです。血液検査で行われる肝機能検査はGOPやGTPやγGTPであります。これらは肝細胞に含まれる酵素の一種で肝機能に何か影響があって肝細胞に障害が出てこれらの酵素が血液中に流出するとこれらの数値が大きくなります。 肝機能障害をそのまま放置すると肝炎や肝硬変や肝がんに進行する恐れがあるため、健康診断で要治療の指示を受けたら早めに受診しましょう。

食べ過ぎやお酒の飲みすぎなどで脂肪肝を指摘される人も少なくないようです。脂肪肝は肥満やアルコールの過度の摂取でなる場合が多く、生活習慣を見直せば改善が期待される肝機能障害でも比較的軽い病気だといえるでしょう。 そのためつい脂肪肝を放置してしまう人も少なくないようです。 しかしそのような人たちに知っておいた方が良いことに「脂肪肝を甘く見ないほうがいい」ということが挙げられます。 生活習慣を改善することなく脂肪肝を放置しておくとさらに肝機能が低下して脂肪肝から肝炎や肝硬変更には肝臓がんへと進行する可能性があるといわれているのです。 そのため肝機能検査で脂肪肝と指摘されたら早いうちから食生活などの生活習慣を見直すのがいいでしょう。